最新稽古


5日(月)

師範代 誕生日の花束

 本日は師範代の誕生日です。 ちょっとブッチできない打ち合わせとかあって、夕食当番とかできなかったので、 昼休みに近所の花屋で花束を作ってもらいました。 徒歩圏にモダンなアレンジをしてくれる花屋があるのも実は恵まれた環境なのかも知れません。

オラホビール アンバーエール

 月曜は本来休肝日ですが、「蹴球日本代表応援及び家族生誕記念日等特別措置法」により、休肝日が返上になっております。 そこでまず選んだのが、長野県東御市へふるさと納税した返礼品のオラホビール。 しっかりした苦味と華やかな香りで飲み応えがありますぞ。
(アンバーですが背景黒だと黒ビールに見えちゃいますね。「映え」失敗であります)

Les Varennes Extra Brut N.V. [Poissinet-Levron-Vincenot]
名称Les Varennes Extra Brut N.V.
レ・ヴァレンヌ エクストラ・ブリュット N.V.
生産者Poissinet-Levron-Vincenot
ポワシネ・ルヴロン・ヴァンスノ
価格2,057円 (単品価格:2,990円)
購入店ヴェリタス 輸入直販ワイン専門店

 本日の夕食は寄せ鍋です。 選んだワインは、お祝いとくればシャンパーニュ。師範代は飲みませんが、ここはシャンパーニュ一択です。 この銘柄は、ヴェリタスの「豪華シャンパン5本セット」、税送料込み(当時は)10,879円からの最後の1本。 このセット、ジワジワ値上がりしていまして、現在は税送料込み12,650円です。

 色は、ボトルの外観からもわかるようにとてもキレイな黄金色です。 この色を見せたくて、リスクの高い透明ボトルが採用されているのかも知れません。 香りは、シャンパーニュらしいリンゴと蜂蜜に、結構熟成感のあるお漬物の雰囲気があります。 味わいは、シャンパーニュらしく酸味がしっかり。Extra Brutですが、熟成感のおかげかそんなにシャープな感じは受けず、 結構まろやかに感じます。

 ホント、こういうので良いんだよ。 有名ドコロのシャンパーニュは値上がり著しい昨今、こういう無名のシャンパーニュは狙い目です。 シャンパーニュはシャンパーニュを名乗れるだけでそれなりに美味しいんですよ。 ちょい値上がりしましたがこのセット、今のうちに買うべきです。 安泡対決でナンバーワンとなった銘柄も入っていますよ。

点数81点
師範代 誕生日の花束とケーキ

 ケーキは師範代自らで勝って来られた洋梨のタルト。 おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします>師範代


4日(日)

CouCou 外観

 12月5日は師範代の生誕記念日、というわけでその前日に当たる今日、家族で焼肉屋へ向かいました。 お店は、夏に初訪問して気に入った、焼肉 Cou Couというお店。 天王町商店街の東側、仲本工事氏が先日交通事故に遭われた洪福寺交差点からほど近い場所にあります。

 店内は、緩く仕切られたテーブル席のみで、それぞれのテーブルは6人掛けなので、4人で使うとゆったりです。

CouCou チョレギサラダ

 今回も、予約するとサービスで出して頂けるチョレギサラダを頂きました。 ボリュームたっぷりで、これがサービスなのはありがたいですね。ちなみに今回の予約は長女がしてくれました。

CouCou センマイ刺し

 焼肉屋では、焼肉以外に内蔵の一品料理が食べたいのです。 こちらはセンマイ刺し。このメニューって、センマイの鮮度が悪いと気持ちが悪いのですが、 ここのはエッジがビシッとしていてナイスです(写真拡大してもボケてます。スミマセン)

CouCou ミノの炒め物

 これは確かミノの炒め物だったかな?メニューの写真撮っておけば良かったな(公開はしませんが)。 ピリ辛で美味しく、子供たちにほとんど食べられちゃった気がします (これも写真ボケてます。標準レンズはズームが便利だけど寄れないのが厳しいな)

CouCou 瓶ビール

 今日は、ベーシックにビール主体でいこうと考えておりました。 メニューを見ると、生ビール(中)が600円、生ビール(大)が900円だったかな? それに対して瓶ビール(中)が600円だったら瓶ビールを選びます。 だって量的には多分、中瓶とジョッキの大は同じくらいのことが多いからね。

 銘柄はアサヒのスーパードライ。焼肉にはもう少し濃い系のビールが合うと思いますが、 まぁ細けぇこたぁ良いんだよ。やっぱり焼肉にはビールしか勝たんのですわ。 結構美味しく飲めたので、もう一本追加しました。

CouCou タン塩

 もちろん焼肉も頂いておりますよ。こちらがタン塩。 タン先もタン元も入っているので、バラツキはありますが、タン元は柔らかで美味しいです。 それにしても牛タン高くなったよね。タンシチューは師範の得意メニューだったのですが、 もうおいそれとはタン1本なんて買えなくなりました。

CouCou 外観

 左側がハラミで右側がカルビです。 どっちも美味しかったのですが、適度な歯応えのあるハラミが特に良かったな。 こういうのって、自宅で鉄板焼肉するのと明らかに美味しさが違うのって何なんでしょうね? 仕込みの差なのか、鉄板焼きか網焼きかの差なのか。

CouCou 外観

 ホルモン系ももちろん食べますよ。奥から時計回りにコリコリハツホルモンレバーです。 コリコリってのは初めて食べましたが、確かにコリッコリですね。 心臓に繋がる大動脈らしいです。

CouCou 外観

 「ビールしか勝たん」なんて書いておきながら、やっぱりワインも飲みたくなるわけで。 グラスワインは赤白ありましたが、やっぱりここはグラスワイン(赤)でしょう。 お値段は1杯700円、瓶ビール1本より高いので、若干の勇気を要しました。

 メニューには「イタリア」と説明されていたのですが、 どう考えても師範にはこの赤はチリ産のカベルネ・ソーヴィニョンだと思えるのです。 そして、焼肉にはそっちが合うと思います。 大きめグラスにたっぷり注がれていましたので、(原価率は置いといて)700円分の価値はありました。

CouCou 外観

 ご飯ものはビビンバを頂きました。焼肉も、ハラミを追加しています。 でもそれくらいで済むのは子供たちが女子だけだからだな。 男子がいたらこんなもんじゃ済まないでしょうね。

CouCou 外観

 最後に、ハチの巣の煮物(左写真)と玉子スープ(写真無し)を追加して、 デザートに柚子のシャーベット苺のシャーベットも頂いて、 トータルのお会計は16,000円くらいでした。 廉価な焼肉店よりちょっと高いくらいですが、満足度は遥かに上だと思います。


前の今月分へ